鳥谷

 

とりたに

 

下町などの雰囲気を意識した、少し非現実な要素のある物を書いています。また、時々によってファンタジー等も考えていたりします。